3大 メールサービス比較

Standard

Outlook.com

  • 比較(Outlook.comより)
 

Outlook.com

Gmail

 

Yahoo!  メール

セキュリティとプライバシー        
受信トレイの迷惑メールの件数を 3% 未満に抑える  

青いチェック

赤いチェック

紫色のチェック

SSL が既定で有効になっている  

青いチェック

赤いチェック

 

メールの内容に基づいた広告が表示されない  

青いチェック

 

 

最新の受信トレイ        
無制限の無料ストレージ  

青いチェック

 

紫色のチェック

受信トレイからビデオやスライド ショーを見る  

青いチェック

赤いチェック

紫色のチェック

Office Web Apps でMicrosoft Office ドキュメントを共有、表示、編集する  

青いチェック

 

 

受信トレイから写真のスライド ショーを送信する  

青いチェック

 

 
スレッドごとにメールを整理する (オプション)  

青いチェック

赤いチェック 紫色のチェック
プレビュー ウィンドウ (オプション)  

青いチェック

赤いチェック 紫色のチェック
他のメール アカウントからメールを送信する  

青いチェック

赤いチェック 紫色のチェック
ワンクリックで開封済みにする  

青いチェック

  紫色のチェック

管理ツール

       
エイリアス (受信トレイにリンクしている追加のアドレス) を作成する  

青いチェック

 

 

カスタム カテゴリやフォルダーで受信トレイを整理する

 

青いチェック

 

紫色のチェック

ニュースレターを自動的に分類する (黒いチェック (枠のみ)はアプリ/Labs プラグインでのみ利用可能)

 

青いチェック

赤いチェック (枠のみ) 紫色のチェック (枠のみ)
重要なメッセージにフラグを設定して受信トレイの一番上に配置する  

青いチェック

赤いチェック 紫色のチェック
時間軸のルールを作成する (“3 日後に削除する” など)  

青いチェック

   
組み込みの検索機能  

青いチェック

赤いチェック 紫色のチェック

モバイル アクセス

       
主要なスマートフォンからアクセスできる  

青いチェック

赤いチェック 紫色のチェック
Exchange ActiveSync (EAS)  

青いチェック

赤いチェック  
POP アグリゲーション  

青いチェック

赤いチェック 紫色のチェック
IMAP  

青いチェック

赤いチェック 紫色のチェック

People

       
Facebook、Twitter、LinkedIn、Google に接続する  

青いチェック

   
Facebook の友だちとチャットする  

青いチェック

   
Google の友だちとチャットする  

青いチェック

赤いチェック  

今すぐOutlook.comとHOSTERSに切り替える

HOSTERS ALL Domain Links

Standard

ホスティング専用ドメインを除く

一部抜粋

ドメイン名

ゾーンファイル DNS SEC

ultimate-windows.net

37  

ultimate-windows.info

19  

ultimate-windows.co

18  

37  

18  

(Hosted)

20  

(Hosted)

18  

(Hosted)

24  

(Hosted)

18  

(Hosted)

18  

(Hosted)

18  

(Hosted)

18  

tile-net.jp (Hosted)

18  

tajimi-products.org (Hosted)

18  

tajimi-products.jp.net (Hosted)

18  

tajimi-products.info (Hosted)

18  

(Hosted)

18  

18  

(Hosted)

18  

tajimi-official.com (Hosted)

18  

(Hosted)

18  

(Hosted)

18  

(Hosted)

18  

microsite-8.jp-ja.com (Hosted)

17  

(Hosted)

17  

microsite-6.jp-ja.com (Hosted)

17  

microsite-5.jp-ja.com (Hosted)

17  

(Hosted)

17  

(Hosted)

17  

(Hosted)

17  
     
     

(Hosted)

   
26  
27  
26  
20  
20  
jp-ja.com 26  
19  
20 (Pending transfer)
jp-company.info 5  
25  
25  
greetingcard.jp-company.info 18  
gopherserver.net 25 (Hosted)
17 (Hosted)
19 (Hosted)
38 (Hosted)
doi-tile.jp 25 (Hosted)
18 (Hosted)
doi-tile.com 31 (Hosted)

 

すべてをWord で管理する (WordPressブログ)

Aside

Word でブログを管理する
すべて表示すべて表示

この記事では、ブログ アカウントを持っていない場合にアカウントを取得する方法や、既存のブログ アカウントを Microsoft Office Word 2007 に登録する方法について説明します。また、アカウントの登録時、投稿を発行または開くとき、または画像のアップロード時に発生する可能性が高い問題のトラブルシューティングの方法についても説明します。

ブログ サービス プロバイダのアカウントを既に持っている場合は、すぐに Word でブログの管理を始めることができます。

ボタン イメージ (Microsoft Office ボタン) をクリックし、[新規作成] をクリックします。

[新しいブログの投稿] をクリックします。
[ブログ アカウントの登録] ダイアログ ボックスで、[今すぐ登録] をクリックしてブログ アカウントを Word に登録します。

ブログ アカウントの登録の詳細については、この記事の「ブログ アカウントを登録する」を参照してください。
目的に合ったトピックをクリックしてください

ブログ アカウントを取得する
ブログ アカウントを登録する
問題のトラブルシューティング

ブログ アカウントを取得する

ブログ サービス プロバイダのアカウントを持っていない場合は、次のいずれかのプロバイダを試してみるか、Microsoft Office Marketplace でプロバイダ オプションの説明を参照してください。

次のようなブログ サービス プロバイダが存在します。

Windows Live Spaces Web アドレス: http://spaces.live.com。ホーム ページの操作手順に従って自分のスペースを作成します。このサービスは無料です。

注意 画像投稿はサポートしていません。

Blogger Web アドレス: http://www.blogger.com/。ホーム ページの操作手順に従って自分のブログを作成します。このサービスは無料です。
Microsoft Windows SharePoint Services 組織内で Windows SharePoint Services 3.0 サイトをホストしている場合は、サイト管理者にブログ ページの設定を依頼します。

ページの先頭へ ページの先頭へ
既存のブログ アカウントを登録する

ブログ サービス プロバイダのアカウントを既に持っている場合は、ブログの投稿を開いたり、発行したりするときに、自分のアカウント情報を使用するように Word を設定することができます。複数のブログ アカウントがある場合は、すべてのアカウントを Word に登録できます。ブログを更新するときには、投稿ごとに使用するアカウントを選択できます。

Word にブログ アカウントを登録する手順は、使用するブログ サービス プロバイダによって異なります。
使用するプロバイダ

Windows Live Spaces
Windows SharePoint Services
Blogger
コミュニティ サーバー
その他のプロバイダ

Windows Live Spaces

Windows Live Spaces のアカウントを Word に登録するには、Word のブログ アカウント登録用のダイアログ ボックスでスペース名と秘密のキーワードを入力します。

スペース名は、Windows Live Spaces Web アドレスの一意の部分です。たとえば、自分の Windows Live Spaces Web アドレスが http://stigpanduro.spaces.live.com/ である場合、スペース名は “stigpanduro” です。

秘密のキーワードは、スペースの設定で電子メールによる発行を有効にするときに選択するキーワードです。
電子メールによる発行を有効にするには

自分のスペースにサインインします。
[オプション] をクリックします。
[電子メールによる発行] タブをクリックし、電子メールによる発行を有効にする手順に従います。

プロバイダの一覧に戻る
Windows SharePoint Services

重要 Word による Microsoft Windows SharePoint Services ブログ ページの管理は、Windows SharePoint Services 3.0 でのみ可能です。

Windows SharePoint Services のアカウントを Word に登録するには、Word のブログ アカウント登録用のダイアログ ボックスでブログ ページの Web アドレスを入力します。

ブログ ページの Web アドレスは、ブログ ページのアドレスを含み、追加情報を含まない URL です。たとえば、ブログ ページの URL が http://contoso/myblog/default.aspx である場合は、Word の [ブログの URL] ボックスに「http://contoso/myblog」と入力します。

プロバイダの一覧に戻る
Blogger

Blogger のアカウントを Word に登録するには、Word のブログ アカウント登録用のダイアログ ボックスでユーザー名とパスワードを入力します。

ユーザー名とパスワードは、ブログ アカウントにログオンするときに使用する資格情報です。

プロバイダの一覧に戻る
コミュニティ サーバー

コミュニティ サーバーのアカウントを Word に登録するには、Word のブログ アカウント登録用のダイアログ ボックスでユーザー名、パスワード、およびブログ投稿先 URL を入力します。

ユーザー名とパスワードは、ブログ アカウントにログオンするときに使用する資格情報です。

ブログ投稿先 URL は、ブログ プロバイダのホスト Web アドレスに “/metablog.ashx” を追加したものです。たとえば、ブログ プロバイダの Web アドレスが http://blogs.contoso.com である場合、Word の [ブログ投稿先 URL] ボックスに「http://blogs.contoso.com/metablog.ashx」と入力します。

プロバイダの一覧に戻る
その他のプロバイダ

一覧にないプロバイダのブログ アカウントを Word に登録するには、Word のブログ アカウント登録用のダイアログ ボックスでユーザー名、パスワード、アプリケーション プログラミング インターフェイス (API)、およびブログ投稿先 URL を入力します。

ユーザー名とパスワードは、ブログ アカウントにログオンするときに使用する資格情報です。

API とブログ投稿先 URL の情報は、通常、プロバイダから入手できます。API とブログ投稿先 URL をプロバイダに確認し、表示されるボックスに入力します。

ページの先頭へ ページの先頭へ
問題のトラブルシューティング

主な問題は、アカウントを登録するとき、投稿を発行または開くとき、および画像をアップロードするときに発生します。

非表示ブログ アカウントを Word に登録できない

ブログ サービス プロバイダのアカウントを既に取得しているかどうかを確認します。ブログ アカウントを Word に登録するには、ブログ アカウントを取得している必要があります。詳細については、この記事の「ブログ アカウントを取得する」を参照してください。
ユーザー名とパスワードを入力する場合は、情報が正しいことを確認します。入力する情報は、ブログ アカウントにログオンするときに使用する情報と同じです。パスワードは大文字と小文字が区別されるので、CapsLock キーがオンになっていないことを確認します。
Windows Live Spaces のアカウントを使用している場合は、正しいスペース名を入力していることと、スペースで電子メールによる発行を有効にしていることを確認します。詳細については、この記事の「Windows Live Spaces」を参照してください。
Windows SharePoint Services を使用している場合は、ブログ ページの正しい URL を入力していることを確認します。詳細については、この記事の「Windows SharePoint Services」を参照してください。

非表示投稿を発行できない

ユーザー名とパスワードが正しいことを確認します。パスワードは大文字と小文字が区別されるので、CapsLock キーがオンになっていないことを確認します。
ブログ プロバイダが、カテゴリ別の投稿をサポートしていない場合があります。カテゴリを [なし] に設定して、もう一度投稿を発行してみます。
ブログ プロバイダによっては、投稿にタイトルが必要な場合があります。タイトルが空白ではないことを確認し、もう一度投稿を発行してみます。

非表示投稿を開くことができない

ユーザー名とパスワードが正しいことを確認します。パスワードは大文字と小文字が区別されるので、CapsLock キーがオンになっていないことを確認します。

非表示画像をアップロードできない

サービス プロバイダで画像をホストしたことがあるかどうかを確認します。ブログで画像がどのようにホストされるかについては、ブログ サービス プロバイダに問い合わせてください。ブログ サービス プロバイダが直接画像をホストしていない場合でも、Web 上の画像ライブラリ (フォト アルバムや画像ギャラリーとも呼ばれる) を使用してブログ内の画像をホストできることがあります。または、Microsoft Office Marketplace でプロバイダ オプションの説明を参照してください。
Windows SharePoint Services を使用している場合は、ブログ ページと共に画像ライブラリが作成されていることを確認します。このライブラリが削除されている場合は、もう一度作成して、画像をアップロードしてみます。
独自の Metaweblog プロバイダを使用している場合は、プロバイダが画像のアップロードをサポートしていない可能性があります。詳細については、プロバイダに問い合わせてください。
画像のオプションでアップロード先の URL を入力した場合は、入力した情報が正しいことを確認します。